3 posts in gumi

  1. 488

    MV「Apollo Knows Not the True Expanse」 / Shannon feat. GUMI


    ■Music / Lyrics / Animation : シャノン (Shannon)
    ■Song: GUMI
    ■Mix&Mastering: のいず (Noizu)

    窓を開けたら
    Upon opening the window, ニムロッドの高塔と
    with the Nimrod high tower and 二〇六九の快晴さ
    the clear weather of 2069, 明日はどこへ行こう
    where shall I go tomorrow? 街はビルを着込んで
    The town dressed in buildings すっかり鳥居は小さくなった
    makes the torii look quite small, ひとりぼっちの僕は
    and I all alone 動かない場所を目指したのさ
    set my mark on the unmoving place, 窓を開けたら
    upon opening the window, ナイトスケープの高層と
    with the nightscape high rises and レディメイドの天球儀
    the readymade celestial globe, 明日は月へ行こう!
    tomorrow let's go to the moon! ねえアポロ、
    Hey Apollo, 君はどんな地球(ほし)を見たの?
    what little star did you see? 本当の宇宙(そら)を君だけが知っている
    only you know of the true expanse, 明日 会いに行くよ
    tomorrow I'll go meet you, 静かの海へ
    The sea of tranquility 誘(いざな)うのさ あの日の夢
    was calling in that day's dream,
    僕の知らない地平の歌
    a song of an unfamiliar horizon. 街は空を隠して
    The town hiding away the sky すっかり僕らは小さくなった
    makes me look quite small, ニムロッドの高塔を
    grazing the Nimrod high tower 三馬身掠(かす)めてゆけ
    by three horse lengths, I 動かない場所を目指すのさ!
    set my mark on the unmoving place! ねえアポロ、
    Hey Apollo, 君はどうして嘘をつく?
    why do you lie? 本当の宇宙(そら)はどこにもないんだ
    There is no true expanse anywhere. いっそ
    Would I rather, 藍に暮れる
    in the indigo-darkened 静かの海へ
    sea of tranquility, 葬ってしまおうか
    create a tomb? 誰も知らない地平の歌
    A song of an unfamiliar horizon. 本当の宇宙(そら)って何だろな
    What is true expanse anyways? 嘘って何だろな
    What is a lie anyways? 誰も疑うことのない夢も歴史も
    For all the dreams and history that no one doubts, そっと目を開けたら
    upon softly opening the eyes, 二〇六九の蒼天に
    in the 2069 azure sky, オールド・グローリーの星条旗
    the old world glory's stars and stripes. 僕はいま月に居る!
    Now, I am on the moon! ねえアポロ、
    Hey Apollo, 君はどんな地球(ほし)を見たの?
    what little star did you see? 本当の宇宙(そら)を僕だけが知っている
    Only I know of the true expanse. それは
    It is, 藍に凪ぐ
    a story of days that fall calm in indigo 静かの海を
    in the sea of tranquility 夢見た日々の物語
    that I dreamed of, 君の知らない地平の歌
    a song of an unfamiliar horizon. 『アポロは宇宙を知らない』
    "Apollo knows not the true expanse"
    1. Optional info

      1. Tags

  2. 475

    Humanly / YURRY・CANON feat GUMI

    Humanly / YURRY・CANON feat GUMI



    そう、人の形なれど
    Yeah, in a human shape, 何にもなれないや厭厭
    but not really anything, no no. ざまあご覧遊ばせ
    Look at this sad state, how 'bout どうだい
    toying with it, 頽廃した今に泣いた理想論者
    this now degenerated, crying idealist. あーだこーだでシミュラクラ
    All this and that, all simulacra, 生命の定理は曖昧だ
    the propositions of life all fuzzy. てめえの情にも辟易で
    I'm tired of all your feelings, 救える脳など無い無い無い
    as for salvageable brains, there's none none none. 尽いた謬錯な感情が
    With exhausted, mistaken feelings, ぐるぐるぐるぐる縒り合って
    round and round and round and round, we twist together, 愛されたくて狂ったりなんかして
    in wanting to be loved, going insane and such, それは――
    it's all―― 「人間らしい」なんて君が笑う
    "humanly" huh, you laugh, 拝啓 愛を吐いて 死を抱いて
    to whom it may concern, go spit out love, embrace death, ドクドクドクと脈打つ欲にトドメを刺すんだ
    and push a finish to this gushing, gushing, pounding desire. 嗚呼
    Aah, 「人間らしく」なんてBye Bye Bye
    "Humanly" huh, to it say Bye Bye Bye Lie 無い Eye であたしを抱いて
    With Lie Nay Eye, embrace me カラカラカラに涸れ 空になる心を満たして
    dry me all out and empty, and fill my empty heart, 醜いその腹の内を抉って
    gouge out the inside of this hideous stomach,
    さあ引き摺り出せ
    now drag it out, どす黒くてドロドロな本性を見せてよ
    and show its black, pulpy, true nature. どうも、皆さんお疲れさん
    Thank you, everyone, good work, 今世はここまで また来世
    that's it for this world, see you in the next one. ねえ、待って!
    Hey, wait! それじゃあおかしくない?
    Isn't that weird? 人生がそれで決まっちゃうの?
    Is human life decided just like that? いっせーのーで脚が浮いて
    With a heave-ho, the feet start to float, ゆらゆらゆらゆら宙ぶらりん
    swaying, swaying, dangling in the air. 最低最高
    The worst, the best, こんな世界なんて
    a world like this, to it さらば
    goodbye. 「人間らしい」なんてあざけ嗤う
    "Humanly" huh, ridiculous and laughable, 足んない愛を求めて浪浪
    a wanderer in search of love that isn't enough, 地獄にだって天国にだって
    whether it's hell or heaven, どこにもソレは無い?
    it isn't to be found anywhere? あー馬鹿馬鹿しい 薄っぺらな生涯
    Aah, how idiotic, this cheap life, もう死なないと治らない容態
    it's a condition with no cure but death, 毒 毒 毒と交じり混ざった
    poison poison poison all mixed in with 不幸せの味はいかが?
    unhappiness, how does it taste? 嗚呼
    Aah, この世界は
    in this world, 要らないものがあまりに多すぎる
    there's too many unneeded ones, ほら 何もかもを
    look, this one, that one, every one, 棄ててしまおう
    let's throw 'em all away, それじゃあ、お先に
    so then, I'll go ahead first. 人間らしい在り方を問う
    "Humanly" way huh, I question it. 右に倣い 上っ面を飾る
    Just following to the right, decorating appearances, 見て呉れだけのお前のことが死ぬほど嫌いだ
    and saying "look at me," all of you like this, I just hate. 嗚呼
    Aah, 爛々々と命が咲いて
    This fiery blazing life, 天誅待って 杳として迷妄
    awaiting heavenly punishment, an unknown illusion, はらはらはら落ちる花に憂いで
    To a fluttering, fluttering down flower, getting all gloomy それは――
    It's all―― 「人間らしい」なんて君が笑う
    "Humanly" huh, ridiculous and laughable,
    拝啓 愛を吐いて 死を抱いて
    to whom it may concern, go spit out love, embrace death, ドクドクドクと脈打つ欲にトドメを刺すんだ
    and push a finish to this gushing, gushing, pounding desire.
    嗚呼
    Aah, 「人間らしく」なんてBye Bye Bye
    "Humanly" huh, to it say Bye Bye Bye Lie 無い Eye であたしを抱いて
    With Lie Nay Eye, embrace me カラカラカラに涸れ 空になる心を満たして
    dry me all out and empty, and fill my empty heart, 醜いその腹の内を抉って
    gouge out the inside of this hideous stomach, さあ引き摺り出せ
    now drag it out, どす黒くてドロドロな本性を見せてよ
    and show its black, pulpy, true nature. 眉目良いその面の皮を剥がして
    That good-looking face, peel off its skin, さあ曝け出して
    and expose it for what it is, 有るが儘 生きる
    just live as things truly are, 君の姿は甚く人間らしい
    your appearance, it's humanly, all too humanly.

    知らずのうちに蝕まていたのだ。
    Before I knew it, I was devoured. 愛されたいという醜い感情
    By this hideous feeling of wanting to be loved. 電池が切れたみたいに動かなく
    No longer able to move, as if having run out of power, だんだんと体温が失われていくの
    my body gradually losing heat, 死ぬことより、生きることの方が恐ろしいとさえ思う。僕にとってそれ
    living is worse than even death, I'd feel. For me, this 誰もが君のような人間だったなら、どれほど
    If anyone was a human like you, how much 「人間らしい」なんて君が笑う
    "humanly" huh, you'd laugh, 『本当の自分』なんて自分で決めるものでは
    "My true self" is something I decide for myself, so それが人の本質だと気付いた。
    This is people's true nature, I realized. 心の奥底に巣食う怪物が、
    The monster lurking at the bottom of people's hearts, 愛されたい。
    I wanna be loved. 彼女の漠然としたその望みを叶えるためにはどうすれないいだろうか。真に正しい答えは本当にあるのだろうか?
    What can be done to grant this vague wish of hers? Is there really a right answer to this? 彼女は愛がどういうものなのかも知らない。そのか細い体を暖かく抱きしめてくれることだるうか? 悲しみに暮れて流した涙を拭ってくれることだろうか?犯した過ちを許してくれることだろうか?欲しいものを与えてくれることだろうか?
    I don't even know what her "love" even is in the first place. Is it to warmly embrace her thin body? Is it to end her sadness and wipe away her tears? Is it let her be forgiven for past mistakes? Is it to give her what she wishes for? 愛がなんなのかわからない彼女には、きっと気付けない。ただそれを彼女が享受するにはあまりにも彼女は人の悪意にさらされすぎてしまったのかもしれない。
    She, who knows not love, surely would not notice. After all, maybe she's been exposed to other people's ill intent too much for her to be able to accept it. 軽々しく"死にたい"なんて言って、心を慰めあっているような人間も、了見が欠如した"前向き"を押し付ける人間も、彼女には共感できない。 『人間らしく生きろ』
    To say "I wanna die" so lightly like that, there's no way she'd have feelings in common with people who would give comfort or give a push of this missing "forward-looking" attitude. "Live humanly!"
    そんな些細な言葉も、彼女の小さな背に重く伸し掛かっていた。
    These little words, I heavily pushed on her small back. 物心ついたときから自分は孤独てした。自分の心の内を曝け出すことの出来る相手など、誰一人として現れるのとはありません。
    For as long as I can remember, I was all alone. A partner I could confide in and such, no such person would ever appear before me. 自分と他人との違いは、幼い自分にとっては心地が悪いものだったのかもしれません。他の人達が好きなものを自分だけが嫌いだったり、他の人達が嫌いなものを自分だけが好きだったり、そういった"違い"を他人には隠すようにしていました。人間というのは集団の中で均された常識から外れた異物を嫌うのてす。
    Maybe differences between myself and other people were uncomfortable to this very young me. I hated the stuff other people liked, and I liked the stuff other people hated, and I hid these "differences" from other people. After all, humans naturally hate misfits who don't follow what the crowd deems normal. 外見の違い、中身の違い…変わり者はからかいや除け者の対象になる。それを幼いながらにわかっていました。
    Differences on the outside, differences on the inside... those who are different are the subject of ridicules and exclusion. I knew that since I was very young.
    それ故に心の中を明かさず、他人を隔ててきました。この醜い心を見透かされないように—生きる為に自分を殺しました。
    Because of that, I never revealed my mind, and became isolated from others. So as not to let this hideous mind be seen through,—to live, I killed myself. そうして"人間らしい"自分を演じてきたのです。
    With this, I performed my "humanly" self. あの日のことを、今でも私は覚えている。
    It happened one day, one I clearly remember even now. 雨上がりの放学後、生徒の声、濡れたベンチ、水溜りができた運動場、網が破れたバスケットゴール、畳んだ白い傘、湿ったローファー、ありふれた夕暮れ。
    It was after school when the rain stopped, with the voices of students, wet benches, sports grounds full of puddles, a ripped apart basketball net, a folded up white umbrella, in warmed loafers, the common everyday evening sky. 友人が生徒の雑務を終えるのを、校門の前に立って待っていた。通り過ぎていく生徒達も、一人佇む私も、ありふれた放学後の風景の一つ。記憶にも残ることのない、なんの変哲もない日になるはずだった。
    I was waiting for my friend to finish the student duties, standing in front of the school gates. The passing students, and I standing and waiting here, it was all another common everyday after school scene. All a forgettable day with nothing unusual, or at least it should have been. —謬錯—
    —Mistake— 空疎。それこそがわたしを表す言葉だ。
    Emptiness. Yes, that's the word that represents me. 父も母も友達も先生と、わたしを『良い子』だと言う。優しく、真面目で、褒められる人間だと。
    My father, mother, friends, teachers, all say I'm a "good kid." A kind, serious, praiseworthy human. 小さい頃からそれこそが人間で、目指すべき"人間らしい"人間なのだと思っていた。
    From when I was little, that's what I thought was human, the "humanly" human one should strive to be. 思えば私の生活の上にあるものは、どれも私のものなんかじゃあない。ビアノだって書道だってバレーだって、気がついた時には当たり前のものとしてあった。
    If I think about it, the things in my life all never came from me. Whether it's piano, calligraphy, ballet, or whatever, before I took notice, it just felt like what I do. それは父や母やがわたしを"よく出来た子"として演出する為に押し付けたものに過ぎなかった。好きも嫌いもわたしには委ねられてはいなかった。でも、頑張れば両親は喜んてくれた。幼いわたしにはそれが全てだった。両親の喜ぶ顔がとても誇らしかったのだと思う。
    It was nothing more than something my father and mother pressed on me so that I can play the part of a "well-raised kid." Nothing was left to what I really loved or hated. But, my parents became glad when I tried hard at it all. As young as I was, it was all there was to me. The delighted faces of my parents were something to be proud of, I felt. わたしの幸せはそこにあるのだと思っていた。そうして生きていればわたしは幸せでいれるのだと思っていた。
    That is where my happiness lied, I felt. Living like this, I'll be able to live a happy life, I felt. そうして、いつの間にか自分の中で作り上げだ『人間の枠』からはみ出さないように生きてきたのだ。
    And then, before I knew it, I lived a life of never poking out of this "human box" I created in myself. だからこそ彼女が、わたしにはとても美しく見えた。深い深い闇の中に突如差した光のように眩しかった。羨ましかった。
    That's exactly why I she seemed quite beautiful to me. Like the brilliance of a light that suddenly shines into the deep, deep darkness. I was envious. なんて愚かなんだ。それはただの機械じゃあないか。
    How foolish. That's just like a machine, isn't it? わたしなんてどのにも無い。好きも嫌いも、何もかも。
    I have none of any of that. Likes, dislikes, just none. ずっと"良く出来た子"を演じ続けていた。評価の為に、周囲が自分に求める人物像の為に動いていただけ。 I always went on playing the part of the "well-raised kid." I acted only to earn praise, to become the statue that the surroundings demanded of me. 『良い子だね』
    "What a good kid" それはあたかも呪いのように、わたしを縛りつけていた。
    Almost like a curse, this bound me. それ故に心の中を明かさず、他人を隔ててきました。この醜い心を見透かされないようにー生きる為に自分を殺しました。
    Because of that, I never revealed my mind, and became isolated from others. So as not to let this hideous mind be seen through,—to live, I killed myself. そうして"人間らしい"自分を演じてきたのです。
    With this, I performed my "humanly" self. —浪浪—
    —Wandering— そうした他人への拒絶は、いつの間にか僕の感情を歪ませていくようになっていった。
    With this, my rejection of others somehow twisted my emotions before I realized it. 嫌われたくないと、そう思っていたはずだった。だがいっそのこと、このどす黒くてドロドロな腹の内を誰かに曝け出して、拒まれ、否まれ、憎まれ、恐れられたい。そんな風に考えるようになっていった。
    I don't wanna be disliked, or at least that's what I should have felt. But, I'd rather have this black, pulpy, belly insides be exposed, rejected, denied, hated, and feared by someone. このどうしようもない醜い心を受け容れようとする自分と、消して去ろうとする自分。どっちが正しいのか、もう分からなくなっていた。
    The self striving to accept, and the self striving to reject this helplessly hideous heart. Which one is in the right, I no longer have a clue. 誰かの侮蔑と拒絶でぐしゃぐしゃにしてほしかった。そうしてそこに残るものはなんなのか、知りたかった。
    I wanted someone to muddy it up by scorning and rejecting it. I wanted to know what would remain after that. もしもクラスのあいつに僕の秘密を打ち明けたら、どんな顔をするだろうか。クズと罵り、僕を憐れむだろうか。それとも逃げ出すだろうか。
    If I were to open up my secret to that person in class, what kind of face would that guy make? Would this guy insult me as a loser, or pity me? Or perhaps, just run away? もう僕には普通の人と同じような生涯を送ることはできないだろう。体の奥底から滲み出してくる衝動を抑えつけることができないのだから。
    There's no way I can have a life like normal anymore. Because the impulse oozing out from the depths of my body can no longer be held back. 人間の枠からあまりにもは見だしてしまったこの僕を、きっと世間じゃあ「異常者」だとか「怪物」だとかって呼ぶのだろう。
    After having seen too much from the human frame, I would surely be called a "weirdo" or "monster" by society. 『人の性は悪なり、その善なるものは偽なり』——それが正しいというなら、歪んだこの感情はとても"人間らしい"と言えるのかもしれない。
    "The human nature is evil, and what is good is fake"——If that's true, then these twisted feelings could be called quite "humanly" maybe. 悪だの善だの、正直言って僕にはどうだっていい。そうだろう。みんながミュージシャンやスポーツ選手やアイドルに憧れを抱くのと同じように、僕は殺人鬼に憧れたのだ。
    Whether it's evil or good, honestly I don't even care anymore. That's right. Just like how everyone else holds such admiration for musicians, sports players, or idols, I fell in adoration for serial killers. —薄っべら—
    —Paper thin— でも、それは違っていたのだろう。
    But no, this is different. この世界は要らないものがあまりに多すぎる。
    There's too many unneeded ones in this world. どいつもこいつも、くだらない世間の一部に組み込まれた薄っべらなハリボテだ。流されていくだけの死んだ魚だ。
    This guy, that guy, they're all paper-thin superficial worthless things merely fitting in with a part of society. Like dead fish merely to be washed away.
    群れて騒いでいる馬鹿な奴らと足並みを揃えるなんてごめんだ。僕はあいつらとは違う。
    I'd rather not line up with all those noisy fools in the crowd. I'm different from all of them. あいつらと同じになんかなりたくない。
    I don't wanna be the same as them at all. 周りの奴らが取るに足りない無意義な時間を過ごしてる間も俺は歩を進めてやる。
    During the intervals when the guys around me unconsciously pass their worthless time, I make some progress. あいつらとは違う。自分は特別な人間になる。
    I'm different from them all. I will become an exceptional human. そんな思想に駆られていたのは、恐れていたからだ。
    To be driven to such a thought, it was because I was afraid. 本当は気付いていた。
    In truth, I did notice. 俺だって、俺の思う無価値な存在と何ら変わりなしないのに。それを認めるのが恐ろしかったのだ。
    Even though I am no different from the beings that I felt were worthless. I was fearful of admitting this. 自分の世界に浸った。文学や音楽に耽った。あいつらには到底理解できないと、そんな風に思っていた。
    I was steeped in my own world. I indulged in literature and music. All those guys would never understand, I felt. 実際は自分に酔っていただけだ。特別だと思い込んでいただけだ。
    In truth, I was simply intoxicated. I merely was under the impression that I was exceptional. 他人より本を沢山読んだから何なんだ。言葉を多く知ってるから何なんだ。勉強をしたから何なんだ。
    So what if I read so many more books than others? So what if I knew many more words than others? So what if I did my studies? どれだけ崇高な考えを持ったって、僕はアリストテレスになれやしない。
    However lofty the thoughts I have, I will never become Aristotle. 本当に薄っぺらなのは俺の方だ。
    Truly, it was I who was paper-thin. 素晴らしく滑稽で、醜くて、慘めて、憐れな人間だ。
    A wonderfully ridiculous, hideous, wretched, pitiful human.
    1. Optional info

      1. Tags

  3. 435

    Click Crack translation

    by: Giga Lyrics by: Reworu Vocal Manipulator: Orebanana Illustrator: Rochiko (pixiv/id=710857) Movie: Okiku From: http://www.nicovideo.jp/watch/sm21403089

    Translation is in red!

    夜行列車に乗り込んで 
    Riding on the night train
    目指すは僕らの「秘密」 
    We aim to go to our "secret"
    愉快な仲間が待ってる 
    where pleasant company awaits
    Welcome to Wonderland! 
    白い小鳥のダーリン 
    A white little bird darling
    針の狂ったコンパス 
    A compass, its needle gone mad
    迷わず全速前進 
    No hesitation, full speed ahead
    得意げにほら鳴らせ! 
    Proudly sound it out loud!
    Din・Don

    口笛吹いて 意気揚々声上げて 
    Letting out a whistle, triumphantly raising our voice
    軽快なステップで 辿りついたのは 
    With nimble steps, we've arrived at the
    MERRY MAKING CITY 
    さぁ手を取り合って 夜明けの来ないこの街 
    Now, take each other's hands, to this town where dawn never comes
    Let's dance, shout and sing a song!

    こ こ は 
    Is this place
    内緒の御伽の国? 
    a secret wonderland?
    いいえここは 
    No, this place is
    とても楽しい 
    really really fun.
    だって毎日がお祭り騒ぎ!
    After all, every day is loud and festive!

    鏡写し飛び込んだ 緑のピエロに引かれ 
    After jumping through the mirror, we're led by the green clown.
    奇怪な仲間と一緒に 
    Together with mysterious companions, we
    Drink a toast! 
    DANCE DANCE DANCE 
    歌を歌って 酒を交わし無礼講 
    sing songs, and drink alcohol together in ceremony
    今夜は特別dreaming 魔法みたいなFantasy night 
    Tonight is a special dreaming, a magic-like Fantasy night
    君たちの行き先は? 年をとらない秘密の国 
    Your destination? A secret land of never aging
    永遠に子供でいられる そんな Yes! Wonderland! 
    We can be kids forever, this kind of Yes! Wonderland! 
    星は煌めき 月も陽気に歌いだす 
    The stars sparkle, and even the moon sings a joyous song
    迷わず全速前進 僕らだけの秘密 
    No hesitation, full speed ahead, a secret just for us
    Din・Don

    絶対主義?独裁主義? 
    Absolute morals? Absolute power?
    命令したら敬礼OK? 
    You'll obey all my orders, OK?
    意のまま 思いのまま 
    Whenever I wish, whenever I feel
    皆が手を焼く 
    everyone would even burn their hands
    怒りの駒 admiration 
    the chess piece of anger admiration 
    烈火の女王 怒りは心頭 
    The queen of rage a mind of fury
    返事は Yes or Yes or Yes! 
    You may only answer Yes or Yes or Yes! 
    容赦ない女王様 
    A ruthless queen 
    わたしの縄張り とっとと出ておいき!
    It's my territory, get out already!

    歩幅を揃えて 
    Let's gather our steps
    みんなで列になって歩け! 
    and all walk in a line!
    笑顔を合わせ ほら 
    And all make smiles, and look
    秘密の国に辿りつく
    we arrive at our secret land.

    僕の夢 
    My dream,
    そう、わたしの夢 
    yes my dream,
    きらきらなこの世界 
    in this sparkly sparkly land,
    子供のままでいたいんだ 
    I'd like to remain children
    素敵な仲間と
    with all these wonderful companions

    だ け ど 
    B u t
    それはもうあなたのママには 会えないってことなのよ 
    then we wouldn't be able to meet your mama again
    それはやだなだって ママが大好き 
    No, I wouldn't want that, I love mama
    パパにも会えなくなっちゃうの? 
    You won't be able to see papa again, you know?
    御伽の国でのお約束よ さぁどっちを選ぶの 
    A promise to be made in wonderland, now which will you choose?
    どうしよう ねぇ どうしよう 
    What do we do? Hey what do we do?
    パパもママも大好き でも子供でいたいんだ だけど
    We love mama and papa, but we wanna remain children, but 
    どうしよう ねぇ どうしよう 
    What do we do? Hey what do we do?
    時間がないわ 早くしないと迎えの列車が来る
    There's no time, if we don't hurry, the train will come for us

    夜行列車駅に着く 出発の時刻は 真夜中0時
    We arrive at the night train station, the departure time is 0 midnight 
    さぁどうするの? 次の世界の 扉が開かぬうちに この世界を飛び出して! 
    So what do we do? Before the door to the next world stops opening, let's get out of thiworld!
    行 こ う !
    Let's go!

    夜行列車に乗り込んで 
    Riding on the night train
    目指すは僕らの世界 
    we aim to go to our world
    暖かな家族が待ってる Well come back! I'm home! 
    where a warm household awaits Well come back! I'm home! 
    賢い小鳥のダーリン 楽しそうに笑ってる 
    The clever little bird darling smiles merrily
    手を振って 出発進行 得意げにほら鳴らせ! 
    Wave our hands, all aboard! Proudly sound it out loud!
    鏡写し飛び込んだ わんぱく双子の「秘密」 
    After jumping through the mirror, the mischievous twin's "secret"
    愉快な世界で皆 Drink a toast! DANCE DANCE DANCE 
    With everyone in a pleasant world, we Drink a toast! DANCE DANCE DANCE 
    星は煌めく 打ち鳴らす手と手の合図 
    The stars sparkle, the ringing signal of hand in hand
    今夜は特別dreaming 魔法みたいなFantasy night
    Tonight is a special dreaming, a magic-like Fantasy night

    歌声高らかに 
    In a loud singing voice,
    僕らの秘密の夜に乾杯! 
    cheers to our secret night!
    まるで御伽噺のような そんな双子の「秘密」 
    The twin's "secret" like this, almost like a fairy tale
    皆には内緒の 素敵で愉快な Fantasy night 
    A secret from all else, the wonderful joyous Fantasy night 
    星は煌く 今日はなんてFantastic 
    The stars sparkle today, how Fantastic
    星よ煌け 今日はそうさFantastic 
    Sparkle, you stars! Today, yes Fantastic
    さぁお話を始めよう 
    Yes, let's begin our story
    さぁお話を始めよう 
    Yes, let's begin our story
    さぁお話を始めましょう 
    Yes, let our story begin!
    さぁ手をあげて cLick cRack
    Yes, raise your hands, cLick cRack
    1. Optional info

      1. Tags

Order by